平成28(2016)年9月24日
名古屋大学において、第177回支部例会を開催しました。

公益社団法人 日本農芸化学会 中部支部
第177回 例会

ミニシンポジウム「触媒機能の活用に向けた微生物研究の新展開」および一般ポスター発表
※ 参加無料・会員でない方もご参加いただけます。
平成28年9月24日(土)
場所:名古屋大学農学部講義棟および野依記念学術交流館
(名古屋市営地下鉄名城線「名古屋大学」駅下車2番出口より徒歩3分地図
主催:日本農芸化学会中部支部
共催:名古屋大学大学院生命農学研究科

プログラム

(名古屋大学農学部講義棟にて)
9:30-12:00 農芸化学関連企業に就職を考えている学生のための賛助・協力企業展
       企業展案内ポスター・補足説明

(名古屋大学野依記念学術交流館にて)
13:00-13:15 開会の挨拶・支部功労者表彰

13:15-14:45 ミニシンポジウム「触媒機能の活用に向けた微生物研究の新展開」
 13:15-14:00 バイオ燃料電池に適した触媒微生物の開発の現状
         東 雅之(大阪市立大学工学研究科)
 14:00-14:45 細菌におけるタンパク質アシル化修飾研究の現状と展望
         古園 さおり(東京大学大学院農学生命研究科)

14:45-15:00 休憩

15:00-17:00 一般ポスター発表・奨励賞(優秀発表賞)

(名古屋大学グリーンサロン東山 レストラン花の木にて)
17:10-19:00 懇親会

※ 事前参加申込へのご協力、よろしくお願いします。

※ また、9:30 から農学部講義棟にて学生の方を対象にした賛助企業・協力企業展が開催されます。中部地区の企業への就職に興味のある方はふるってご参加ください。


【一般ポスター発表をご希望の方へのご案内】
農芸化学関連分野での新しい研究成果を奮ってご発表ください。
発表者に日本農芸化学会会員が含まれていれば、代表発表者が非会員の方でも申し込みと発表をすることができます。

一般ポスター発表要旨申込フォーム

要旨template

一般ポスター発表申込締切:平成28(2016)年8月19日(金)26日(金)
(発表申込は締め切りました。)

ポスターの掲示に使用できるスペースは、横 115 cm x 縦 165 cmです。
このスペースの外側(左上)にポスター番号が表示されます。ポスターの上部に、演題名、発表者名および所属を大きな字で表示してください。
また、代表発表者に○印を付けてください。
代表発表者はポスターの前に立ち、説明・質疑等を行ってください。

ポスター発表される方へのお願い


【参加申込】

参加申込フォーム

事前参加申込締切:平成28(2016)年9月16日(金)
(事前参加申込は締め切りました。)


【参加費】
参加費:無料(会員でない方も来聴歓迎)
懇親会費:事前申込 一般2,500円、学生500円(下記、オンライン決済にてお支払いください)
当日申込 一般3,000円、学生1,000円(当日、受付にてお支払いください)

懇親会オンライン決済
(事前参加申込によるオンライン決済は締め切りました。)



【問い合わせ先】
木村 真(名古屋大学大学院生命農学研究科)
〒464-8601 名古屋市千種区不老町
Tel: 052-789-5744
E-mail: mkimura(@マーク)agr.nagoya-u.ac.jp

2016.09.16 事前参加申込を締め切りました。
2016.09.14 「ポスター発表される方へのお願い」を掲載しました。
2016.09.09 「第177回例会(秋例会、名古屋)の要旨集」を掲載しました。
2016.08.26 一般ポスター発表申込を締め切りました。
2016.08.19 一般ポスター発表申込締切を延長しました。
2016.08.17 「企業展ポスター・補足説明」を掲載しました。
2016.07.29 「参加申込フォーム」、「懇親会オンライン決済」を掲載しました。
2016.07.26 第177回例会(秋例会、名古屋)の案内を掲載しました。