平成30年9月15日(土) 

名古屋大学豊田講堂において、第183回支部例会を開催します。

2018.06.25 第183回例会(秋例会、名古屋)の案内を掲載しました。

公益社団法人 日本農芸化学会 中部支部
第183回 例会

ミニシンポジウム 『タンパク質の糖修飾とその意義』
および一般ポスター発表(企業展を同時開催)
※ 参加無料・会員でない方もご参加いただけます。
日時:平成30年9月15日(土)
場所:名古屋大学豊田講堂(シンポジオンおよびアトリウム)
名古屋市営地下鉄 名城線「名古屋大学」駅下車
名古屋大学東山キャンパスマップ  D3(5)の建物
(シンポジオンは豊田講堂の奥にあります。豊田講堂のエントランスよりお入り下さい。)
主催:日本農芸化学会中部支部
共催:名古屋大学大学院生命農学研究科

【プログラム】

(アトリウムにて)
9:00-12:50 企業展

(シンポジオンにて)
13:00-13:15 開会の辞、支部長挨拶、支部功労者表彰
13:15-14:45 ミニシンポジウム 『タンパク質の糖修飾とその意義』
13:15-14:00 「C-mannosylation–基質と酵素の探索」清水史郎(慶応義塾大学)
14:00-14:45 「糖タンパク質の精密化学合成を利用する糖鎖機能解明」梶原康宏(大阪大学)
14:45-15:00 休憩

(アトリウムにて)
15:00-16:30 一般ポスター発表
16:45-17:00 中部支部企業奨励賞および学術奨励賞授賞式

(名古屋大学グリーンサロン東山 レストラン花の木にて)
17:30-19:30 懇親会

※ 事前参加申込へのご協力、よろしくお願いします。
※また、 9:00 からアトリウムにて学生の方を対象にした賛助企業・協力企業展が開催されます。中部地区の企業への就職に興味のある方は奮ってご参加ください。


【一般ポスター発表をご希望の方へのご案内】

農芸化学関連分野での新しい研究成果をご発表ください。
発表者に日本農芸化学会会員が含まれていれば、代表発表者が非会員の方でも申し込みと発表をすることができます。
優秀な発表を行った学生・院生・若手研究者(企業研究者を含む)に支部奨励賞が贈呈されます。対象の方は、発表申込時に奮ってエントリーしてください。

一般ポスター発表申込フォーム

要旨テンプレート(Wordファイル)

一般ポスター発表申込締切:平成30(2018)年8月6日(月)

ポスターの掲示に使用できるスペースは、横 113 cm x 縦 162 cmです。
このスペースの左上にポスター番号が表示されます。ポスターの上部に、演題名、発表者名および所属を大きな字で表示してください。
また、代表発表者に○印を付けてください。
代表発表者はポスターの前に立ち、説明・質疑等を行ってください。


【参加申込】

参加申込フォーム

事前参加登録締切:平成30年8月31日(金)


【参加費】

参加費:無料(会員でない方も来聴歓迎)
懇親会費:
事前申込 一般3,000円、学生500円  (締切:平成30年8月31日(金))
当日申込 一般3,500円、学生1,000円(当日、受付にてお支払いください)

懇親会オンライン決済



【問い合わせ先】

中川 優(名古屋大学大学院生命農学研究科)
〒464-8601 名古屋市千種区不老町
Tel: 052-789-5552
E-mail: yu(@マーク)agr.nagoya-u.ac.jp