公益社団法人 日本農芸化学会 中部支部

第182回例会

--受賞講演ならびにミニシンポジウム--

  糖質に関わるタンパク質・酵素の構造と機能

-過去から未来へ-

例会案内ポスターのダウンロード  (pdfファイル)


日時: 平成30年6月9日(土) 13:00〜

場所: 三重大学大学院生物資源学研究科大講義室

主催: 公益社団法人日本農芸化学会中部支部

共催: 三重大学大学院生物資源学研究科

参加費:無料 (会員でない方も来聴歓迎)

 

プログラム


13:00-13:10  開会挨拶

受賞講演 2018年度農芸化学技術賞

13:10-13:40  「地域資源を活かした速醸魚醤類の開発と商品化」

宇多川 隆・白崎 裕嗣・森山 外志夫・片口 敏昭 (福井県食品加工研究所・株式会社室次・有限会社もりやま・有限会社片口屋)

受賞講演 2018年度農芸化学研究企画賞

13:40−14:10  「筋分化を誘導する乳酸菌オリゴDNAの生体内作用の実証」

高谷  智英 (信州大学農学部)

14:10-14-30    休憩

ミニシンポジウム 糖質に関わるタンパク質、酵素の構造と機能 -過去から未来へ-

14:30−15:00    「バイオマス分解に関わるモジュラー酵素とセルロソームの機能」

粟冠 和郎 (三重大学大学院生物資源学研究科)

15:00−15:30   「グルコアミラーゼのデンプン結合ドメインの構造とSS結合の役割」

田中 晶善 (三重大学大学院生物資源学研究科)

15:30−16:00    「ヒト腸内細菌Prevotella copriBacteroides plebeiusのキシラナーゼの機能解析」

林 秀兼 (前橋工科大学工学部)

16:00-16:30    「微生物由来キチン分解モノオキシゲナーゼの構造安定性」

杉本 華幸 (新潟大学農学部)

 

17:00-19:00   懇親会(三重大学生協 第1食堂)

※ 事前参加申込へのご協力、よろしくお願いします。


【例会参加費】

無料(事前申し込みの必要はありません)

【懇親会費】

事前申し込み  一般3,000円、学生500円(下記、オンライン決済にてお支払いください)

(5/31まで事前申し込み)

当日申し込み  一般3,500円、学生1,000円(当日、受付にてお支払いください)

(6/1以降当日申し込み)

懇親会オンライン決済

 


問合先 勝崎裕隆(三重大学大学院 生物資源学研究科)

〒514-8507 三重県津市栗真町屋町1577

TEL: 059-232-1211ext2569, E-mail: katsuzak@bio.mie-u.ac.jp