公益社団法人 日本農芸化学会 中部支部

第186回例会 若手シンポジウム

『農芸化学を支える微生物研究の力』

例会案内ポスター

講演要旨集(準備中)

※ 参加費無料・会員でない方もご参加いただけます。


日時:2019年11月9日(土) 13:00 – 16:55

場所:信州大学農学部(伊那キャンパス)F 棟2階 30 番講義室
   〒399-4598 長野県上伊那郡南箕輪村8304
   (アクセス: https://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/agriculture/access/

 

主催:公益社団法人日本農芸化学会中部支部
共催:信州大学農学部
   信州大学先鋭領域融合研究群バイオメディカル研究所


[プログラム]

13:00〜13:05  開会の辞 支部長 人見 清隆(名古屋大学大学院創薬科学研究科)

特別招待講演
13:05 – 13:45 「食品安全を支えるカビ毒研究」
         中川 博之(国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構食品研究部門)

13:45 – 14:25 「ゲノム情報を活用した細菌の生理活性ペプチドの生産」
         小谷 真也(静岡大学学術院農学領域)

若手フロントランナー特別講演
14:30 – 15:10  「敗血症の重症化を抑えるオリゴDNAのプライミング効果」
         下里 剛士(信州大学先鋭領域融合研究群バイオメディカル研究所)

15:10 – 15:30  休憩

若手研究者招待講演
15:30 – 16:00 「原核生物の温度適リボソームRNA遺伝子のG+C含量に着目して
         佐藤 悠(大阪大学大学院工学研究科)

16:00 – 16:25 「Latent specialized metabolite producers from bee symbionts in Thailand」
         Chompoonik Kanchanabanca(Department of Microbiology, Faculty of Science, Chulalongkorn University)

16:25 – 16:50 「抗生物質探索源としての昆虫病原性細菌の利用」
         今井 優 (Antimicrobial Discovery Center, Northeastern University)

16:50 – 16:55 閉会の辞

17:15 – 18:30  懇親会(信州大学農学部生協食堂)

 


【例会参加費】

無料(事前申し込みの必要はありません)

【懇親会費】

事前申込  一般2,500円、学生500円(下記、オンライン決済にてお支払いください)
事前参加申込締切: 11月5日(火)

当日申込  一般3,500円、学生700円(当日、受付にてお支払いください)

 

懇親会オンライン決済


  
例会世話人・問い合わせ先
          保坂 毅
          信州大学先鋭領域融合研究群バイオメディカル研究所
          電子メール:thosaka@shinshu-u.ac.jp
          電話:   0265-77-1633